侍従 ようやく本命を釣る

予定をあらかじめ立てた時に限って天候に恵まれず。
結局のところ、侍従の日ごろの行いの悪さが祟っているのか....。

外は真っ暗闇の従兄の車の中で、
20170719-1.jpg

侍従 :領主殿。
    これでは釣りにならぬ。

領主 :よし、この場は撤収して場所を変えよう!!

風雨の中、雨合羽を装着し、釣り道具一式を片付け場所を移動する侍従と従兄。
さっそく移動を開始する。
20170719-2.jpg

向かう先は...。
小樽港の厩町岸壁。
20170719-3.jpg

1時間経たずに到着。
って、晴れてやがる。
20170719-4.jpg

投げ竿を準備して思いっきりキャストする。
投げ竿に何かかかる間、ロット(短い竿にリール付き)で岸壁の縁をちょこまか探ってみると

いっきなりクロソイがかかる侍従。
20170719-6.jpg

ふふぅん、幸先がいいぞ。

そのあと、遠投した投げ竿に当たりがあってリールを巻いていくと、
20170719-5.jpg

カレイが釣れた!!
うれしい。

そのあと、ちまちまハゼやカレイを二人で釣って朝飯にソーセージを焼いていると....。
20170719-7.jpg

おい!!
貴様!!
そこで何をしているか!!
20170719-8.jpg


地元の外ネコに持っていかれてしまった....。

と、すったもんだで09:30を過ぎたので納竿で終了。
二人してそれなりに釣れたから、今回の釣りは楽しかったな。

で、防波堤の向こうを見るとすっげーでっかい船が入港してきた。
20170719-10.jpg

これは見に行かねばなるまい。
帰り道、小樽のフェリー埠頭によってみると、そこに停泊していたのは...
20170719-11.jpg

ダイアモンドプリンセス!!
でっけー!!
20170719-12.jpg

優に11万トン以上はありそう。
こりゃいいもん見せてもらったわ。

大満足の侍従。
ウキウキ気分でニコライ宮殿に戻ってみると....


ジョゼ:侍従のおじにゃん!!
    一体どーいうことなのよ!!
20170719-13.jpg

侍従 :あ、いや...。

ジョゼ:あたしたちのご飯も用意しないで一晩中遊び歩いていい身分ねなのよ。
20170719-14.jpg

侍従 :遊び歩いていた訳ではなく食糧調達で...。

ジョゼ:おじにゃんのお蔭であたし、皇帝のおにいにゃんに怒られたなのよ!!
20170719-15.jpg

侍従 :(あっちゃー)

ジョゼ:このことは給仕係のおばにゃんに報告させていただきますなのよ!!
20170719-16.jpg

どっひゃー!!
人間悪いことはできないものである...(涙)。

スポンサーサイト

2017.07.20 | コメント(4) | 日記

侍従 給仕係が出張で留守がいい

話は昨日に遡る。

昨日から木曜日まで給仕係は2重王国方面に職場の仕事で出張である。
と、言うことは...。
かねてから計画していた大地主である侍従の母親の姉の子(世間一般では従兄とよぶ)と釣り三昧である。
さっそく喜々として連絡を取る侍従。

侍従 :もしもし、領主殿!!
    今よろしいか?

領主 :問題ないが侍従、いかがした?

侍従 :機は熟した!!
    「ニイタカヤマノボレ!!」

侍従 :では、陛下。
    行ってまいります。

ニコ :なんの話か?
    陳は聞いておらぬぞ!!
20170718-0.jpg

侍従 :委細は全てジョゼフィンお嬢様に一任しておりますればご安堵なさりませ。

と、言うことで従兄の車でニコライ宮殿から車で40分の無煙浜へ向かう。
20170718-1.jpg

一昨日の大雨で思いっきり増水しているニコライブルク第一の川、石狩川。
大量の土砂が海に流れ出ている。
20170718-2.jpg

こんなに土砂が海に流れ出て釣りになるんかと思いつつ、国道から離れ、雨の翌日には一般家庭の乗用車では決してた走行できない道なき道を進み、ようやく無煙浜に到着す。
20170718-3.jpg

お?
意外と海の水綺麗じゃん。
20170718-4.jpg

到着否や、釣りの準備を進める侍従と従兄。

さっそく釣りあげる従兄。
20170718-5.jpg
(でもウグイ。ウグイは食えん!!(笑))

従兄を嘲笑する侍従の竿にも強い引きが!!

ウグイを釣った従兄を嘲笑した侍従にもかかったのはやっぱりウグイ。
もうカレイの季節ではないのか...。
20170718-6.jpg

そんな中、侍従の釣り竿にまた新たな魚がかかる!!

フグ。
20170718-8.jpg

しかもちいせぇし(笑)
20170718-7.jpg

しょーがない、針を外してリリースだ。

お?怒った!!
20170718-9.jpg

ウグイばかりかかる従兄を尻目にフグを釣って、優越感に浸る侍従。
しかし、やはりガキンチョの頃からこの従兄には頭が上がらない侍従。
従兄はこんなもの釣り上げやがった。
20170718-10.jpg

イシガニ(しかも結構でかい!!手首からひじくらいの幅がある)。
味噌汁にすると絶品の美味しさである。
(さすがだぜ、おにいちゃん!!)

その日は、キャンプもかねて焼肉やって
20170718-11.jpg

ビールを飲み、
20170718-12.jpg

二人で
やれ、
「固定資産税また上がりやがったなぁ」
とか、
「今年は、畑に植えたピーマンや茄子の出来が良くねぇな」
とか話しをしていると、食べ終わったころに風雨に襲われる。

取あえず、バーベキューコンロを片付けて(とーぜん、ゴミはすべて持ち帰る)
釣り竿をセットしたまま、車の中で退避する侍従と領主たる従兄。

外は、ライトを付けなければ一寸先は闇!!しかも風雨強し。
20170718-13.jpg
(曇ってるから星光もなくホント何も見えないから)

取あえず車中で2:30まで仮眠を取とることになるのである。
(でも侍従は、寝ずに起きていたんだけどね)
今となっては従兄のあの意味不明な寝言は何だったのかは未だ不明である。

続く。


一方、ニコライ宮殿内では...。


続きを読む

2017.07.18 | コメント(3) | 日記

2重王国 南の王室より遣帝施設団の使者が来る

もうすでに事の発端は遠い過去の話ではあるが、北のニコライブルク帝国と南の2重連合王国は、長い間冷戦状態となっている。
しかし先日、彼の2重王国より使者がようやくこの北の地に訪問した。
侍従と給仕係が、2重王国に訪問してから長い年月を経てようやくTarassaco嬢がお付きの者殿(Tara嬢の彼氏ね^^)と共にニコライブルクに来帝したのである。

初日:  さっそくススキノへ行く。
     行きつけの飲み屋でしこたま酒を振舞って(極上のイナダは旨かった)お付きの
     者殿を酔い潰す→ウソ(笑)。
P_20170710_213701.jpg

2日目 :この日は雨。
     それでもめげず、宿に宿泊しているTara嬢と二日酔いのお付きの者殿を無理
     やり宮廷専用車に押し込み、積丹半島まで車を飛ばし、うに丼三昧!!
     (なんかこっちがゴチになっちゃって恐縮しまくり^^;ごちそうさまでした)
Screenshot_20170713-174234.jpg

     Tara嬢とお付きの者殿(バフンウニ&ムラサキウニの2色丼)
P_20170711_115146_HDR.jpg

     給仕係(ムラサキウニ、イクラ、サーモンの3色丼)
P_20170711_114829.jpg

     侍従(特上生チラシ:エビ、タコ、イカ、トロ、マグロ、北寄、アワビ、
               ホタテ、イクラ、トビッコ、ヒラメ、ムラサキウニ)
P_20170711_114846_HDR.jpg

     満腹ですっかりいい気持ちになって車中でぐっすり爆睡のTara嬢と給仕係を
     尻目に宮廷専用車を走らせる侍従と内地には無い広い景色と車幅の広い
     道路、高速道路じゃないのに高速道路並みのスピードで移動を堪能するお
     付きの者殿。
     かくして、ようやくニコライ宮殿に到着。
     さぁ、ニコライ宮殿に到着した2重王国の使者の方々、ニコライ皇帝陛下が
     謁見なさいます。

ニコライ;ニコライじゃ!!
     遠路はるばる大儀である。
     今宵は、ゆっくりくつろいでゆくがよい。
P_20170711_152122.jpg

さっそく、アレ君、Tara嬢に大奉仕。
P_20170711_143725.jpg

アレ君 :お付きのもにょ。
     そなたのスマホ、結構いいアプリが入っておるにょう。
P_20170711_144834.jpg

tara嬢、やりたい放題(笑)。
P_20170711_142400.jpg

ジョゼ :皇太子殿下が生贄になっている間...。
P_20170711_144135.jpg

ジョゼ :あたしはちょっと、失礼して賄いをいただきますなのよ。
P_20170711_144153.jpg

撫子  :皇帝陛下。
     南の使者は、やりたい放題ですよ。
P_20170711_143308.jpg

ニコ  :両国の安全保障のためじゃ、辛抱せよ。
P_20170711_144524.jpg
    
フレイヤ:剣呑、剣呑ぢゃ。
P_20170712_182159.jpg

外は土砂降りの中、そろそろいい時間。

Tara嬢 :それでは皇帝陛下。
     そろそろ退室致します。
P_20170711_152355.jpg

ニコライ:うむ、そなたも息災での。
     あの、ばばぁ...(ごほんごほん)あの女王たちと命国王陛下によろしく伝える
     がよいぞ。
P_20170711_152341.jpg

折角遠いところから来られたのにあいにくの雨とは...。

3日目 :Tara嬢が自分で語るところ
     「私は普段の行いがいい!!」
     せいなのかどうなのかはさておき、晴れた、晴れたなのよ!!

     彼らはチャリダーなのだ。
     マイバイクをこの地に運んでまでニコライブルクの広さを自転車で堪能した
     いようであったが...。
     地平線が見たいというお付きの者殿の願いをかなえるため、ニコライ宮殿
     から車で20分の新篠津村を紹介したのだが、果たして彼らはその望みを
     思いっきり堪能したようである。
IMG_20170713_180919.jpg
IMG_20170713_180911.jpg
     
     ついでに新篠津温泉たっぷの湯まで浸かってきたようだ。
1499937225474.jpg

     (よかったね、おふたりとも。神様、ありがとう)

4日目 :かくして2重王国の使者は、灼熱の地、南の国へと帰国
      していったのである。
Screenshot_20170713-121539.jpg

天気は良くなかったけど、楽しい思いをさせてもらいました。
Tarassaco嬢、テルさん、本当に来てくれてありがとう!!
今度は、真冬の2月においで。
生きてる実感が湧くよぉ(笑)。

2017.07.13 | コメント(4) | 日記

侍従 かなりの長期休暇を取りすぎる

やばいやばい、マジでサボりすぎた。
いや、ほんとね、長い間、いろいろあったのである。
大侍従がいよいよ家での介護がままならなくなって介護施設に送り出さねばならなくなるわ、
侍従は侍従で帯状疱疹は患うるわ。
そのあとのウィルス性の影響で角膜炎になって半分目が見えずらくなるわでエライこと三昧な日々なのであった。
ま、また忘れたころに更新するけどねー。

アレ君:爺にはどうしたもんかにょう、兄上。
P_20170702_191913.jpg

ニコ :捨て置け。
P_20170702_191306.jpg

うぅ...(涙)。

2017.07.05 | コメント(4) | 日記

侍従 一念を通すも報いは倍返し

人間生きている限り、必死で神に祈ると祈りは必ず成就する。
「雪降れぇ、雪降れぇ、春の農作業を滅ぼせぇ!!」
と必死で祈った結果、なんと!!
一昨日の4/30に雪が降った!!
やったー!!
農作業が延長だぁ!!
(神っているんだね^^)
と思い、どうせ畑も雪が溶けて土も濡れて入れまい。
流石の鬼の従弟からも
20160502-1.jpg

っていうメールもきたし
「ふぇーふぇっふぇっふぇっふぇっ」
と、高笑いをしながら昨日余裕をぶちかましていた侍従であったが
その昨日の昼、
20160502-2.jpg

うっ!!
いやぁな予感...。
(この写真を撮るためにしばらく電話に出なかったが...)

ピッ
「侍従である」

「侍従殿、1330(ヒトサンサンマル)までに××の畑に出頭せよ!!」
ガチャ、ツーツーツー

「あぁ、もしもしもしもしもし!!おぉーい!!」

思いのほか、日の光が強く畑が乾きやがったか...(涙)

フレイヤ:神はいるのぢゃ。
20160502-3.jpg

ニコライ:逝って来い!!
20160502-4.jpg

くすん。
寒いよぉ、辛いよぉ。
おわんねぇなぁ。
20160502-5.jpg

刺し苗作業の様子はこっちを参照。

2016.05.02 | コメント(9) | 日記

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

Author:侍従長




北の地にあるニコライブルクと
いう名の架空の帝国内で繰り
広げられる5ニャンの物語。





皇帝 ニコライ♂
(ロシアンブルー)
 帝国に君臨するわがまま
 いっぱいのイケニャン絶対
 専制君主
 生誕日:2007.5.12





宰相 ジョゼフィン♀(半陰陽)
(ショートヘアーソマリ)
 外交から内政および治安維
 持まで帝国の要である正義
 感強き鉄壁宰相
 誕生日:2007.8.27





豊穣の女神 フレイヤ♀
(ノルウェイジャンフォレストキャット)
 何を誤ったかこともあろう
 に猫に降臨してしまった北
 欧神話の愛と豊穣の女神 
 降臨日:2008.10.28





皇太子 アレクセイ♂
(ロシアンブルー)
 暴れん坊で巨体なれど皇帝
 の兄と宰相の姉に頭が上が
 らない心優しき次期皇帝候
 補の砲弾ボーイ
 誕生日:2009.9.21





見習い移民 いぶき撫子♀
(縞三毛)
 難民収容所から宮廷に仕え
 るためだけにやってきた空
 気を読まないやりたい放題
 の核弾頭級お転婆娘
 誕生日(推定):2012.4.2

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム